2009-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー

ショップリサーチに行きたいのですが暑さに負け
珍しくオークションを覗いています。(滝汗

そこで思う事は。。。。

ビッターズのカテゴリーを検索すると
魚類 >ビーシュリンプ・甲殻類
▼ビーシュリンプ(106)
▼ヌマエビ・スジエビ他(9)
▼川の甲殻類(4)
▼その他の甲殻類(3)
▼貝類(2)
※(数字)は出品数です。
とありますが実際に▼ビーシュリンプを覗くとビーシュリンプ以外の出品が多い事、
これでは既にカテゴリーは崩壊してます。
しかもショプまでがこのカテゴリーに当てはまらない物を堂々と出品しています。

魚類の中では人気のカテゴリーですので
少しでも目に付くカテゴリーに出品したい気持ちは分かりますが
興味の無い人にはかなり目障りな事では無いでしょうか!?

前例がありますので、そのエビ達をひとつのカテゴリーを作るまで
今後、浸透させられるとは思えませんが
定着させようと願う出品者が居られるのでしたらカテゴリーの意味を考えて下さい。

また他にもそう思っている出品者が居られるのか
レッドビーシュリンプのビッターズへの出品が減ってるように感じます。
※実際に定点観測をするまで覗いてはいませんので受けるイメージです。



yahoo!のカテゴリーはかなりシンプルですがレッドビーシュリンプの出品が多く感じられます。
甲殻類
▼ヌマエビ(61)
▼ビーシュリンプ(776)
▼その他(198)
※(数字)は出品数です。
ビッターズに比べればまだ覗き易いのですが生体では無い器材が目に付きます。
これもまたショップが出品してますのでここまでの目先商売優先には閉口です。

大・中・小とカテゴリー分類があるので当てはまる所に出品すれば良いのです。
当てはまらないのであればその他のカテゴリーが両オークション共にあります。


この問題はレッドビーシュリンプだけでは無いのは分かっていますので
一度オークション運営会社には問い合わせしてみます。


回答は出品者の「モラルの問題」と安易に想像がつきますが・・・・


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

KT

Author:KT
KT-STUDIOのオーナーブログ
HP&SHOPはこちら↓


※ご注意
当ブログ内の記事・画像の無断使用は固く お断り致します。

最新記事

カテゴリ

KT系統レッドビーシュリンプ (18)
赤足系統レッドビーシュリンプ (4)
育成 (17)
器材 (13)
雑記 (33)
未分類 (0)
ソイル (16)
ショップ巡り (6)
ビーシュリンプ (4)
ブラックシャドー (8)

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。