2010-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二触角

辛うじてブラックシャドーとレッドビーシュリンプの触角部分が比較できる画像が撮れました。

しかしKTは学者・研究者ではありませんので以降のコメントは
あくまで素人目に受ける印象でしかありませんので正解では無いかも知れません。

触角鞭状部(所謂髭)はスジ等形状には変わりが無く思えます。
第一触角(髭の生えた触角)も映えている部位の位置など大差は無く思えます。
パーツs-

第二触角の形状が少し違う??印象を受けます。
具体的には触角に生えている繊毛?のような物でブラックシャドーの方が太く見え
先端の形状も違うように感じます。
rパーツ
この程度の画像だけでは違いを見つけるのは難しいのは判っていますので
順次、額角など比較出来る画像が撮れましたらまた更新します(^_^;)




タイトルからは離れますが賞味期限切れ?のモンモリロナイトからミネクトロンに変更後の
水質測定をしましたので追記として記録しておきます。

<投入前>
PH6.0 TDS171 GH5 KH2 硝酸塩10ppm

<モンモリロナイト投入後>
PH6.2 TDS170 GH2 KH2 硝酸塩20ppm

<ミネクトロンに変更後>
PH6.1 TDS176 GH5 KH2 硝酸塩20ppm

チビシャドー
やはりKHを上げるにはPHを上げるのが手っ取り早そうです(笑


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

KT

Author:KT
KT-STUDIOのオーナーブログ
HP&SHOPはこちら↓


※ご注意
当ブログ内の記事・画像の無断使用は固く お断り致します。

最新記事

カテゴリ

KT系統レッドビーシュリンプ (18)
赤足系統レッドビーシュリンプ (4)
育成 (17)
器材 (13)
雑記 (33)
未分類 (0)
ソイル (16)
ショップ巡り (6)
ビーシュリンプ (4)
ブラックシャドー (8)

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。