2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックシャドー育成環境

ブラックシャドーを導入した水槽の水質検査をしてみました。

PH6.0 TDS171 GH5 KH2 硝酸塩10ppm
一般に言われている数値よりPH・KHが低いです。
※既に立ち上がった水槽ですのでアンモニア・亜硝酸はテストしていません。
しかしTDSが。。。。(汗


シャドー
ちなみにソイルは未公開ソイル+アマゾニアパウダーです。
そして換水の水は水道水を浄水器を通し汲み置きした水を使っています。
とりあえず現状の水質で導入から1匹も落ちることも無く餌食いも良いので
飼育するにはさしあたり問題は無いようです。

今後、繁殖させるには現状の水質でも適応するのか判りませんが
暫くこのままで飼育し見極めていきたいと思います。
IMG_8807.jpg
ってそれ以前に雌雄が揃っていることが前提ですけど。。。。(笑



話は変わりますが今月号のアクアライフは見ましたか??
普段アクア雑誌は読まないKTですが興味を引く記載がありましたので
まだの方は立ち読みしても損はないと思います(^^ゞ


脱皮

ブラックシャドーの脱皮殻を見て真っ黒なら面白いと思いましたが
脱皮殻0211
そんな訳は無くビーシュリンプンの脱皮殻とほぼ同じ色合いでした。
ビーシュリンプの脱皮殻が縞々では無いのを考えると当たり前の事なのですが(汗


パンダ
しかしこの感覚はレッドビーシュリンプを飼育した当初を思い出させるほど私には新鮮な感覚でした。


今となってはビーシュリンプの繁殖が当たり前のように出来ていますが
飼育当初は詰まらない疑問にも真剣に悩んでいましたのでその当時を思い出し(^_^;)


次回は遅くなりましたが現状の水質等も記載します。


ブラックシャドー

ブラックシャドーを先日導入しました。
ビーシュリンプよりもブリードが難しいと言われ実際に試して見ようと。。。
シャドー1



輸入個体はリスクがあるとか・・・・
成長速度が遅い・・・・
♀の出現率が少ないとか等など・・・・
シャドー2
KTは取りあえずビーシュリンプと同じ環境に導入をしましたが実際には!?


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

KT

Author:KT
KT-STUDIOのオーナーブログ
HP&SHOPはこちら↓


※ご注意
当ブログ内の記事・画像の無断使用は固く お断り致します。

最新記事

カテゴリ

KT系統レッドビーシュリンプ (18)
赤足系統レッドビーシュリンプ (4)
育成 (17)
器材 (13)
雑記 (33)
未分類 (0)
ソイル (16)
ショップ巡り (6)
ビーシュリンプ (4)
ブラックシャドー (8)

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。